ザイザルは花粉症やアレルギーの薬です。即効性も高くとてもよく効きます。そのザイザルを入手する方法やザイザルや花粉症やアレルギーについてご紹介していければと思います。

アレルギー性鼻炎に効果的なザイザルは保険が適用

セチリジン塩酸塩を主成分とし、花粉症などのアレルギー性鼻炎や、その他アレルギー性の諸症状を緩和するのに有効な抗ヒスタミン薬であるザイザルは現在、保険が適用される医薬品となっています。
ザイザルはアレルギー症状の緩和に非常に効果的で、速効性が高く持続性の高い医薬品です。花粉症などの季節性アレルギーに対処するために服用する場合、発作の出るシーズン直前から予防的に服用を始め、シーズンが終了するまで服用する必要があり、アレルギーそのものを治療する効果はありません。
副作用などは、従来の抗ヒスタミン薬に比べ軽減されています。
ザイザルには5mg錠剤と、0.05%シロップ製剤の2種類があり、保険薬価は錠剤は1錠105.80円、シロップ製剤は1ml19.60円となっています。用量は、錠剤は1日1錠、シロップ製剤は1日10mlの服用が基本となっています。
保険が適用されるため、患者が実際に薬剤に対して支払う金額は、保険薬価の3分の1となります。また、薬局ではこのほかに調剤技術料や薬学管理料などの料金が加算されます。
また、ザイザルには市販薬が存在しないため、医師の診察による処方を受ける必要があります。また、ザイザルは2010年に認可されたばかりの新しい医薬品であるため、現在のところ特許が有効となっており、薬剤料が比較的安価なジェネリック医薬品は存在していません。
アレルギー性鼻炎などのアレルギーに有効な抗ヒスタミン薬ザイザルは現在、単独の処方では保険が適用されるものの、蕁麻疹の治療などにおいては抗ヒスタミン薬を複数併用する場合があります。このような場合に、他の抗ヒスタミン薬との併用によって保険適用外となる場合があり、注意が必要です。